次男の滞在許可証受け取りその後・ウィーンなんでも相談室

0

    MA35 滞在許可証受け取り

    今日が↑の手紙に書かれていた受取日だったので、次男のカードを取りに行ってきました。

     

    受け取りだけなのになぜにこんなに時間がかかるのか、、、ただ人が多いだけなのかもしれませんが、1時間ほど待ってようやくゲット。

     

    前回書いた様に手紙で一緒に同封されていた振込用紙の金額が疑問だったのですが、カードはいつもと同じで5年用のものでした。

    知り合いに聞いてもそんな(安くなる)事はないみたいだし、なんでいきなり安くなっていたのかは謎のままです。

    そしてよく見たらカードは手紙が作成された日付と同じ2月5日に発行されている。とっくにできてたんじゃん😑!!

    まぁでもその手紙が送られてきたのは2月半ばでしたが・・・・

     

     

    そんな訳でとりあえずこれでひとつ任務?を終えましたが、先月から書類が山積みで、気が遠くなりそうです。

    しかも全て違う管轄だったり目的が違うものだったりするので、数種類の申請用紙やらなんやらかんやらがあって受理されたり結果が分かるまでしまう事もできず、毎日の様にカバンの中のファイルを入れ替えて、そしてまた山積みに・・・😩 

     

    という状態の中、いろいろとぶち当たる壁が次々と出て来て、役所に行っても電話して聞いても毎回の言われる事は違うし、かなり堂々巡り状態になってる時に、バンドメンバーさんが教えてくれた【Stadtmensch

    直訳すると【街の人】ですが、ウィーンなんでも相談室みたいな機関で、早速行ってみたら、時間はたっぷり取ってくれるし、かなり親身になって手助けをしてくれる。そして本当になんでも質問できるのです!難しい事だけでなく、本当にちょっとした事や気になる事、まさになんでも相談室。無料です!

     

    曜日によって場所と時間が違いますが、ほぼ毎日開かれていて予約もいらず、自分の都合が合う場所・時間にいけるので便利です。

    ホームページに【◯曜日は◯◯で◯時から◯時まで(だいたい1時間くらい)】と記載されているので気になる方はチェックしてみて下さいね😃

    まだまだ新しい機関の様ですが、ちょっとした困り事なども気軽に相談できる場所だと思います。

    私が行った時は2人の女性が担当で、その日来た人は私のみ。その時は主に税務署関係の事・音楽(芸術)家の仕事の事・子供の事・シングルマザーの事などの相談でしたが、こうじゃないかああじゃいかといろいろ教えてもらいました。

     

    ちなみにこの方達は◯◯の専門家という訳ではないので、余りにも偏った専門分野などはちょっと分かりませんが、相談する中でいろんなアイデアやアドバイス、どこに行ったらよいか、どういう機関があるか、◯◯の場合は◯◯が手助けをしてくれる、などを教えてもらえます。

    それでも良い答えが見つからなかったらこのStadtmenschの他の人から、アドバイスを受けられます。

    私の時は、2人の担当女性の方がちょっと分かりかねるところ等、目の前で直接シェフに電話してくれて、該当する詳細をメールで送ってくれました。

     

    そこからもまだまだ書類の山、さらに思いの他増える書類、、、解放されない日々が続きますが、土曜日はトリオのコンサート!

    昨日はリハで最終チェック。その後また書類をメンバーさんに手助けしてもらいながら見ていたらもう深夜・・・

    朝から税理士さんの所に行ったりしてクタクタだったので、あーーーーーー疲れた!

     

    と思って寝る準備をしようと思ったその時、今日は冒頭の次男のカードを取りに行く日(時間指定8時から10時の間)だったのを思い出しました。カレンダーにも書いてるし、ずっと覚えていたのになぜかこの時は頭から抜けていた私💦

    あわててまたファイルを取り出し、、念のためのコピー・パスポートなどを用意。(Einladungと書かれた用紙は役所で没収されるので手紙は自分用にコピー)

     

     

    なにはともあれ、滞在許可証無事受け取りできてよかった!

    来年は自分のカード更新です、、、😣

     

     

     

    JUGEMテーマ:日記・一般


    MA35 滞在許可証受け取り

    0

      先月更新手続き(詳細は以下リンク記事↓)をした次男の滞在許可証。

      MA35 オーストリア滞在許可更新(次男)

      子供の更新手続きで今回初めて学校の成績表を5年間分も出せと言われてメールで送った後、2月に入ってもなかなか届かない手紙(カード受け取り日が書かれている受理書)に少々イライラモードだったのですが、今日やっと届きました。

      振込用紙と一緒に。

       

      その振込用紙に書かれている金額が、なぜか今までと違います。

       

      今まで私も子供も関係なく更新で払っていたのは毎回1人184ユーロ。

      Daueraufenthalt-EU と言う種類の滞在許可でカードはいつも5年間で書き換えです。

       

      それがなぜか今回は118ユーロ。

      118ユーロって学生とか1〜2年更新の金額の様な気がするし、高くなる事はあっても、安くなる事はないと思うのだけど・・・・

       

      んーなぜだ???

       

      まぁ無事にカード受け取りできたらそれで良いのですが、ちょっと気になります。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:日記・一般


      MA35 オーストリア滞在許可更新(次男)

      0

        先日次男の滞在許可カード更新に行って来ました。
         

        これまでの滞在許可更新手続きなど、だいたいは同じですが毎回ちょっとずつ違うのでこちらにまとめてます。

         

        オーストリア滞在許可

        http://sayuline.spskato.com/?cid=56283


        滞在許可証・パスポート・保険・児童手当・学校関連・数えればキリがありませんが、ほぼ毎年何かしらの更新があって実に面倒・・・しかも4人共、さらに自分のも含めると期限などバラバラで、記憶違いだったりうっかり忘れていた事もあります。


        今回はずっと長女と次男の更新だと思っていたのですが次男だけでした。

        なぜ2人一緒だと思ったかと言うと、去年の春に新しく取ったパスポートが2人同時だったからです。

        が、違いました。んー、なぜだろう???


        で、前回はどうだったっけ?と次男の更新の時の記事を読み返したら【新しく指紋採取が導入されていてまさかの出直し!】みたいな感じでした。

        その後何度か他の子の更新にも行きましたが、長女の時は すっかり忘れていて滞在カードが切れてから1ヶ月も過ぎていた らしい(汗)しかもこの時は成績表の件で担当者と喧嘩。やっぱり何かと面倒臭い。


        しかも今回は場所も変わっていて20区になっているし、遠い〜 

        と言ってもSchnellbahnで行ったらすぐでしたが・・Handelskaiから徒歩5分ちょっとくらいです。


        この移民課、いつも開始8時前にすでにすごい人が並んでいるらしいのですが、今までの経験や役所の人の話から逆に人の流れが落ち着いたお昼前、11時頃に行くと空いているというのを知ったので迷ったのですが、始めて場所だったのでどのくらいの規模なのか想像もつかず、9時半頃(たぶん一番混む時間だとは思いますが・・・)行ったら整理券64番、受付Anmeldungまで約1時間、それから部屋に呼ばれる自分の順番が来るまで1時間半ほど待ちました。でも以前の所と違ってずっと座る場所があったので、ただ待ってるだけで暇ですが楽チンでした。待ってる間、息子は日本の事、オーストリアの事、国籍の事などいろいろと興味があったらしく、いろんな話をしました。


        受付では以下の書類を提出。

         

        ●延長申請用紙

        ●顔写真

        ●パスポート(コピー)

        ●保険加入証明(コピー)

        ●学校在籍証明書(コピー)

        前年度の成績表(コピー)


        申請書はいつもここからダウンロードしています。

        Aufenthaltstitel "Daueraufenthalt EU"


        全部で10ページほどもあるのですが、いつも最初の1ページと2ページ目の最初くらいしか記入していません。

        家族構成や家賃、収入証明?みたいな記入欄もありますが、よく分からないし今までの記録があるだろう、と思って子供の時も自分の時も記入した事がありませんが、何も言われた事がないので特に大した事ではないのかと思います。


        この時に一緒に提出した次男の証明写真、実はものすごく悩んだのが・・・
        春に新規パスポートを取得した時に写真を撮ったのがあって、その時に一枚使っただけであと3枚そのまま残っていたのでそれを使っても全く問題なさそうだったので最初はそれを出そうかと思ったのですが、念のため調べたら【写真は6ヶ月以内のもの】と書かれているし、中には写真が6ヶ月過ぎていて申請できなかった人もいるらしいので、2ヶ月ほど過ぎているだけで顔もほとんど同じじゃないか〜と思いながらも結局新しい写真を撮りました。しかも自分で切って申請書に添えていたのですが、後から息子に『写真屋の人が切らないでって言ってたよ』と言われ・・・(←すでに切った後。もう遅い)


        で、一応切ってない部分(日付の入っている部分)も一緒に出したけど結局その写真を見られる事もなくすぐに返されました。

        あーもったいない・・・

         

        あとは私に 『お母さんですか?』と聞かれただけです。

        前は私のパスポートも見られた様な記憶があるけど、そんな事もありませんでした。


        それからやっと部屋に呼ばれて、もう一回次男のパスポートを提出(ただの確認)
        待っていると書類を見ていた担当の人が『オッケ〜、でもあと成績表が足りないね〜』と。


        ・・・?


        一瞬?となりましたが、成績表はちゃんとコピーを入れているはず。


        『ん?成績表はそこに入れてるはずだけど』と言うと


        『過去5年間分のが必要なの』


        えーーーーーーーーーーーーーーー。これまた初です。


        そもそも成績表なんかいらないはずなのですが、前回他の子の時にも成績表がいると言われてなんのために??と聞いたら『ウィーンもどんどん厳しくなってなんたらかんたら・・・』成績は関係なくちゃんと学校に行ってるか確認のためだと言う事だったので今回は一応念のため入れていたのですが、過去5年間分必要なんて思いもしなかったわ。


        と、私がびっくりしていると、

         

        『メールで送ってくれたらいいから、すぐにカードはできるからね』と担当のおばちゃん。


        前年度の成績表のコピーしか用意していなかったので、あと4年間分が必要との事。

        それからすぐにEinreichbestätigung申請受理書?を出してくれました。


        その時に、なぜかじっと書類を眺めている担当おばちゃん。


        ん?まだ何かあるのか??と思ったら突然次男に、


        『うわ〜いっぱい兄弟がいるのねー、キミは何人目なの??』とおばちゃん。


        (え・・・そこ?!)


        実はおばちゃんが眺めていたのは保険証明書で、そこには元夫の扶養保険者として私の子供4人・元夫の新しい奥さん・新しい子供と全員の名前がズラズラと並んでいます。


        離婚時に『保険はどうしますか?』と裁判員の人に言われて、子供の保険は無料なので結局変更せずそのままにする事にしたので、書類で見るとこう言う状態に(私の保険は離婚すると同時に削除されています)・・・・


        一応さりげなく『異母兄弟が〜』と言いかけましたが、


        『毎日賑やかそうね!でも5人は大変だわ〜』と感心している。


        部屋の壁に子供の写真が貼ってあったのでおばちゃんも2人位のお母さんなのだろうと勝手に想像(笑)

         

        と言うか、おばちゃん完全に私が 5人の母 だと思っています(笑)


        私はとりあえず手渡された手紙を目に通します。何せ同じ役所なのに場所が変わるだけでシステムも微妙に変わるのです。

        今まではすでに受け取り日時が書かれた受理完了の手紙+振込用紙をその場で渡されて、足りない書類があった時はカードを受け取る時に提出していました。


        それが今回は振込用紙もない。


        あれ?と眺めているとおばちゃんが、

         

        もう手続きは完了よ、あとは足りない成績表を送ってね!』


        『じゃあその後にまた手紙が来るって事ですか?』


        『そうそう、カード受け取りの日時案内と、その時に振込用紙も届くから、後はまたここに取りに来てね!』

         

        ちなみに14歳以上だと受け取り時は本人も来ないとダメらしいです。

        (それ以下の子供は保護者が代理人として受け取れます)


        そんなこんなで帰ってから過去5年間分の次男の成績表をスキャンして送って、、、あとは手紙を待つだけです。

        その間に次女の新しい学校の進学手続きが始まるのでその予約をしたり、今度はその書類を用意したり、雑務が全く終わりません。

         

         

        そんな雑務の気を紛らわせるにはコレ。

        昨日作ったグルテンフリーバナナヨーグルトケーキ。

        いつもと同じレシピで同じ様に作ったはずなのに何かが違う・・・

        いつもよりもちもち感がないと言うか、ずっしりすぎると言うか、なんでだろう。

         

         


        そして次女が作ったバナナロールケーキ。私は最後の巻きを手伝ったくらいです。

        ふかふかで絶品でした。

         


        今日はこれからまた老人施設でのウィーンリーダーコンサートです。

        先週は初めての新しいプログラムでやや緊張気味でしたが大好評でした。


        音楽の話もいろいろあるのですが、また改めて書く事にします♪

        (まとめて書いたら疲れた・・)

         


        JUGEMテーマ:日記・一般


        MA35 オーストリア滞在許可証更新(長男)

        0

          今日は頑張って書きます!

          また忘れないうちにメモメモ・・・・

           

          先週、長男の滞在許可(カード)更新に行って来ました。

           

          これが、私なぜだかまた勘違いしていて、切れると思っていた数日前、カードを見てその日に切れる事に気付きました。

          でも気付いたのが遅かったので、週が明けて月曜日に行ったら受付の軽いチェックで、『現在3〜4時間待ちで大変だからまた日を改めて来てくれませんか?』と帰されてしまいました。

          月曜日はいつも激混みなので、悩みながらも行ったのですが、これなら最初から翌日行けばよかった。なんて思いながら・・・

          結局カードの期限が数日切れている事に関しては全く問題ありませんでした。

           

          実はこれやったの初めてじゃなくて、切れる日付を勘違いしていたり、すっかり忘れていたり・・・(汗)

          自分+子供4人分、滞在許可証やらパスポートやら期限期限って、他にもいろんな期限が多過ぎて、頭にはあるんですが、毎日カレンダーを見ていてもたまにごちゃごちゃになってしまいます。

           

          ところで今回、部屋に呼ばれると、中国人男性の担当者でした。

          今まで何回も移民局には行っていますが、アジア人担当者は初めてでした。

          思いっきり花柄のシャツに頭はクリリン。例えて言うなら花輪君坊主バージョン。(ごめんなさい、言いたい放題で)

           

          ウィーンにはすごい勢いで中国人が増えていて、ナッシュマルクト辺りなんかは、もはやチャイナタウンの様になっているし、あちこちの元ソーセージスタンドやケバブ屋が、気付くと中国人経営のヌードル・スシスタンドに変わっています。恐るべし中国人パワー。

           

          中国人は特にここ数年でものすごく増えた気がしますが、その移民局で働いている人など、同僚とバリバリのウィーン訛りで話していたので、ウィーンで生まれ育ち、ちょうど仕事を始めるようになったくらいの世代の人が結構いるのかもしれません。

          それにしても作業は早かったです。

          書類など、ほとんど何も見ていなかった様な(笑)

           

          バンバンバンバンバン!!!

          ってスタンプ押して、

           

          カタカタカタカタカタ!!!!

          って猛スピードでコンピューターにデータを打ち込み、

           

          あっという間に受理書(186ユーロ振り込み用紙付)が出来上がり。

           

          唯一、息子の指紋を採る時に機械がうまく機能せず、他の部屋に移動する事になりましたが、まじまじと中国人の作業スピードを目の辺りにした気がします。

          彼一人で同じ時間座っているオーストリア人の5倍はできるんじゃないだろうか??

          ほんと、ここはだいたい作業がおっそいので・・・・・

           

          でもこれが込み入った書類なんかだと、それはそれでまた見落としてそうですけどね(苦笑)

          受付の時(最初の書類チェック)に一緒の部屋にいた人なんかは、どこに住んでいるんだとか、いつから結婚しているんだとか、住居の証明ができる書類はどこだとか、いろいろ聞かれていました。

           

          ちなみに用意して行った息子の書類は、

           

          ●延長申請用紙

          ●顔写真

          ●パスポート(コピー)

          ●保険加入証明

          ●学校在籍証明書

           

          でした。

          が!今回また『成績表は持ってない?』と聞かれ・・・・

          前回の長女の時の事があったので、(リンク参照)

          (続)MA35 娘の滞在許可更新をすっかり忘れていた件

           

          『成績表はいらないはずだけど?』

           

          と言ったら花輪君、一瞬『?』と迷うも;『ウィーンもどんどん厳しくなっていて、一応ちゃんと学校に行ってるか確認するだけのものだから、カード受け取りの時に持ってきてくれたらいいよ。』

          と言う事でした。

           

          在籍証明書だけじゃ確実じゃないのだろうか、まぁ移民局に来る人、いろんな問題のある人達がいるんだろうな。

           

          と言う訳で2週間後(ってもう1週間後だけど)カードが出来上がる予定。

          ほんとにこの時期はいつも延長や申請するものが多くて、書類が山積みでイヤになります。

           

          写真は2週間程前に雪が積もった時。ウィーンの今冬は寒いです!

          まだまだ寒さが続きそうです。風邪も流行っているので、皆様温かくしてお過ごし下さいませ〜

           

           

           

           

           

           

           

           


          オーストリア滞在許可カード更新(次女)

          0
            もう1年くらい前の話ですが、ちょっと思い出したので忘れないうちに書いておきます。

            次女の長期滞在許可を更新しました。滞在許可更新と言うか、実際は無期限許可なのですが、カードの有効期限が5年だからです。
            なんとも矛盾しているのですが、詳細は以下リンクなどに書いてます。

            (私)MA35 滞在許可更新10年ぶり!
            (次男)ウィーンMA35 滞在許可証更新のハナシ
            (長女)(続)MA35 娘の滞在許可更新をすっかり忘れていた件

            その前にパスポートが切れるのでそれも新しくして・・・
            とだいぶ前から準備する予定でしたが、これがなかなか進みませんでした。

            と言うのも、戸籍謄本に何も変更がなければ、有効期限内に申請すればすぐに新しいパスポートを作れるのですが、戸籍の中の細かい変更があったので、戸籍謄本を提出しなければならないのだと思っていました。
            大使館にも問い合わせましたが、やはり戸籍に変更がある場合は戸籍謄本を提出しなければならない、との返事だったので・・・

            この戸籍謄本を手にするのに結局何ヶ月もかかり、パスポートの有効期限も切れるという状態に。
            (と言うか子供達の戸籍が入っている元夫に頼んだのが間違いでした。何回も聞いてやっと取り寄せてくれたのが、もう遅かったのです。親権があれば私や私の家族でも戸籍謄本って取れたんですね・・・後で知りました。)

            そんなこんなで、滞在許可カードが切れるギリギリで戸籍謄本が届き(その時点ですでにパスポートが切れてしまっていた)その日に大使館に直行。
            本来は翌日でないともらえないのですが、特別にスピード発行して頂きました。大使館の方、どうもありがとうございます〜
            この時にやはり、『戸籍に何も変更がない限りは、有効期限内に申請すれば戸籍謄本なしで新しいパスポートがすぐに作れますよ』と言われました。
            この『戸籍に変更』と言うのが、私が思っていた様な変更ではなく、結局『パスポートに記載されている名前と本籍地』?の事だったのでしょうか。そうならそうと言ってくれれば良いのに・・・

            それから滞在許可カードが切れるまさにその日に移民局MA35に行きました。
            その日はあまり混んでなくて、最初の受付で書類提出。提出と言うかここで一応書類のチェックがあってそのチェックが無事終わると整理券をもらえる(このシステムはしょっちゅう変わってるし、それぞれの区の管轄移民局によって違うと思います)。

            提出書類は、

            ・パスポート
            ・顔写真
            ・学校在籍証明書(小学校を卒業して、夏休みに入っていたので、秋に入学予定の学校の入学許可用紙みたいなのを持って行った)
            ・保険証明書


            おばちゃん、書類をざっと目に通して・・・・
            『ん、パスポートのコピーは?』

            『あ・・・・・・忘れた・・』
            とにかく急いでたので、パスポートのコピーなんてすっかり忘れてました。

            おばちゃん『パスポートのコピーは必須よ!どこか近くにコピーしに行きなさいよ!今すぐ!』
            今すぐ行きなさいって書けば普通ですが、実際は・・・
            『Geh! Jetzt! Jetzt Sofort!!』って、『行けよ!ほらすぐ!!』って感じ。

            なんで受付のおばちゃんにそこまで言われにゃならんのか。
            (まぁそりゃコピー忘れてた自分が悪いんですけど)もっと他に言い方があるでしょ!
            て言うかその目の前にコピー機あるんですけど。

            【使えません】の張り紙。

            他にもコピーが必要な人が数名、この張り紙を見て路頭に迷っている状態でした。上の待合室にあるコピー機もしょっちゅう使用不可とか紙がないとか、詰まってるとか。もはや嫌がらせなのか??

            行けよ!と言われながらも・・・
            『えーでも〜。。。コピー機使えないし〜』ってしぶってたら(←どうせダメならねばってみる)

            おばちゃん『じゃあこれ持って○階に行って』と、普通に整理券くれました。

            えーなんなのーそれ。最初からくれりゃーいいじゃん!!

            上に行ったらすぐに呼ばれて、担当の人がその場でさくっとパスポートコピー(スキャンかも)してました。
            後は前回同様、その場でカード出来上がりの日程が書かれた用紙と振込用紙(確かまた184ユーロ)をもらって問題なく更新完了。

            それにしても、毎回何かしらトラブル発生〜
            移民局にしても、まぁ厳しくチェックしなきゃならないだろうし、ドイツ語ほとんど出来ないで来る人もたくさんいるし、もっとひどい対応される人もかなり多い様だけど、なんとかどうにかならないものなのか・・・

            なんてぼやいてもどうにもならないので、最後にこんなもので〆てみます。
            知る人ぞ知る、オーストリア・ウィーン名物シュヴェーデンボンベン・Schwedenbomben


            中はメレンゲです。と言うか甘いです。砂糖です。
            手前がココナッツ使用。奥がオリジナル。


            ウチは誰も食べませんが、この前娘の誕生日会で出したらお友達が喜んで食べてました(ただしオーストリア人)


            こんなものばっかり食べてるから身体も態度もデカくなるのよ、ウィーンの役所!(こじつけすぎ?)



            JUGEMテーマ:日記・一般

            MA35 滞在許可証受け取り: 間違いを認めない担当者(怒)

            0
              ココ最近書く事と言えば、滞在許可の事か、はたまた石鹸記事か??って感じなんですが・・・(苦笑)

              前回の【娘の滞在許可申請をすっかり忘れていた件】からちょうど3週間。

              雨の中、カード受け取りに行ってきました。雨降りゆう★
              カードの発行許可は申請時にその場で出してもらえたのですが、足りない提出書類がいくつかあり、それを持って受け取りに行きました。

              私も先週自分のを受け取りに行きましたが、提出書類も何もなかったしガラガラで、ドアを開けて建物に入って受け取ってサインして出るまで2〜3分!!と言う超スピードでしたDocomo113

              が、今回は入り口じゃなくて部屋も指定されていて、他にもたくさん待っている人、私達の様にまだ提出書類??がある人などもいたのか、なかなか進まず?かなり待ちました。

              ちなみにその足りなかった書類

              ・保険証明書
              ・学校の前年度の成績表


              保険証明書はいつもの事なので分かるのですが(更新を忘れていた事に気付いてあわてて申請に行ったので証明書が手元になかった)、この成績表については今まで他の子も聞かれた事も提出した事もなかったので、『おかしいな?』と思いながら持って行きました。

              担当のおばちゃん、私達の事を覚えていた様で部屋に入るなり、『あ、アナタ達!ハロー』っとなかなか機嫌良さげ?(笑)
              も束の間、成績表をどれどれっ?と眺めつつ『えーっと、ドイツ語・・・』で、固まる(苦笑)

              娘っち、去年は年明けに今のグラフィック学校の入試を受けて、合格してから後は当時の学校はサボってばかり、この最後の成績表は今の学校には提出する義務もなかったし、成績もひどいモノだったのです(汗)

              (今はドイツ語も『1』をもらって、それも持って行ったのですが、おばちゃん前年度のしか興味なし。)

              担:『これ、成績表のコピーはある?』

              申請した時には在学証明書を見ながら『んーっと、成績表持ってる?』と聞かれただけで、家にあると言ったら『ちょっと確認できればいいから、受け取り時に持って来てね』と言われました。

              なので、保険証明書のコピーは用意してましたが、成績表のコピーなんてしてませんでした。

              私:『え?ちょっと見たいだけって言われたからコピーなんてしてませんけど?

              担:『コピーは必須よ!外にコピー機があるから、すぐにコピーできるわよ』

              私:『えーーーーーーー(・・・・・)ムスっ

              と、ぶーたれていたらおばちゃん、隣の部屋の同僚に聞きに行った。


              壁越しに聞こえてきたその同僚の一声。

              同僚:『は?これダウエル(いわゆる永久滞在許可)じゃん、しかも延長でドイツ語も成績も関係ないし、成績表なんか提出する義務もないよ!』


              おばちゃん、とんだ勘違いが判明。え?!汗

              なのに。

              しら〜っと自分の席に戻って無言で作業を続ける!!ゆう★ゆう★
              (聞こえてないと思っているのかもしれんが、壁伝いにちゃんと聞こえてたんだーーーーーーっ!!!)

              ついイラっときて『で、結局コピーいるんですか、いらないんですか?!!!そもそも成績表いるんですか?!ゆう★手と聞いてみる。

              担:『ん〜・・・。』(そこ悩むとこ??!!!!)

              私:『今行ってる学校の入学には中学4年時の成績表が必要で(と言うかこの時点でポジティブ・優良じゃないと入学は不可能)、このアナタが提出しろと言った前年度(高等部6年生)の成績表は今の学校には必要ないし、どうしても成績をチェックしたいだけと言うなら、なぜ現時点の成績表はチェックしないのか??泣

              そもそも何のために成績表が必要なのかがイマイチ分からない。

              担:『そ、そうね、でもやっぱり一応あった方がいいからもらっとくわ。じゃ、コピーよろしく〜汗

              このおばちゃんの絶対的態度に、だんだんと他に言い返す言葉も見当たらなくなってしまい、結局コピーをしに行くハメに。(ダメじゃん。笑)

              と言うか言い返すも何も、アッチはイエス・コッチはノーと言うだけでは全く埒が明かないのである。
              おばちゃん頑固だが、まぁコレと言って特別な書類と言う訳でもないし、別にキィィ!と言う意地悪な感じではなかったのが、まだ百歩譲れた所以である。

              が、これがまた・・・・・・百歩譲ってコピーをしに行くと、どうやってもコピー機が反応しない!!!!!!アンパンマン
              娘と一緒にガチャガチャやっても全く動かないので唯一そこにいた人に聞いてみるも、その人もよく分からない。

              『普通は何も設定なしでできるはずなんだけど、中を開けてみたら?』と言われてさらにガチャガチャやってたら(笑)紙が詰まってた!!!!!!
              そりゃ反応しないわ。

              もう、あの勘違いおばちゃんのおかげで、めんどくさすぎるうずまきショック!!!!

              私が今までに何回か行った時と全然違う部屋だったし(いつもの部屋は何かトラブっていたのか、途中から全く番号が進まなくなってこの面倒おばちゃんの所に行くハメになってしまった)、普段は学生とか短期滞在者の担当ばかりしている人だったのかもしれません。

              (つーか、おばちゃん、知らなさすぎ!ゆう★けむり)と思ってふと名前を見たらユーゴ系。
              私の時はトルコ系のおばちゃんでした。(この人はめっちゃ親切だった)
              別に、だからと言って決してオーストリア人の仕事が素晴らしい訳ではありません。ゆう★むか
              みんなさりげなくアクセントのないドイツ語喋ってるけど働いてる人も移民が多いです。同郷者には親切なんでしょうかね?
              中にはめっちゃやる気のないバイトみたいな人もいて、日本だったら即クビだろー!と言う状況が現実的日常です。

              ※補足 
              普通の学生用の滞在許可等を申請する人は成績表も提出しないといけないみたいです。
              あと、人によって違うとは思いますが、永久が出てない人はドイツ語のテスト(?)や証明提出なんかもいろいろと厳しいらしいです。
              そこら辺の違いをよく分かっていない担当者に当たってしまった私達は運が悪かったんでしょうか。(期限が過ぎてたバツ?
              暑い

              そんな訳で今回はとんだ担当者に当たってしまいましたが、とりあえず(期限を過ぎつつも)カードは無事ゲット!なおるよ!
              次は夏に4人目の更新だ〜忘れない様にしないと。


              思い立って書き初めに書いた一枚。↓
              女とか、かなり失敗気味ですが、書き直すのも面倒でついそのままに・・・kyuDocomo111
              全然強くないけど、なんとか生き延びようと思います(笑)


              JUGEMテーマ:日記・一般

              (続)MA35 娘の滞在許可更新をすっかり忘れていた件

              0
                 自分の滞在許可更新やっと終わってひとあんし〜ん♪ 

                (前回の記事)→ MA35 滞在許可更新10年ぶり!

                なんてのん気に書いてたのだが・・・・・
                なんとっ!!!
                長女の許可証が切れてたのをすっかり忘れてた!!!

                育児手当の更新期限がせまっていて、申請に必要な書類をもう一度確認していたら、

                ・更新申請書
                ・子供全員の学校の在籍証明書(場合によっては成績表)
                ・私と長女と長男の滞在許可証

                と書かれてある。
                私のはまだカードが出来上がってないし、とりあえず発行証明書を提出する事に。
                長男のはまだ切れてる訳でもないし、なぜ提出する必要があるのか謎なんだけど。
                で、ん?長女???
                実は長女がずっと自分で持っていたので見る事もなかったが、一応確認してみると・・・・

                1ヶ月以上も切れてた!

                ひぇ〜これはマズイ!!!!!
                ちょうど学期休みで娘も家にいたし、(目的順序が違ったけど)在学証明書も手元にあったので、またコピーコピーコピー。
                翌日大慌てでまたもや移民局に行きましたとも。
                あぁ、これなら私と一緒に申請して受け取りに行くのも1回で済む事だった・・・
                これぞ二度手間・・・
                そして予定外のダブル出費(それぞれ更新料186ユーロ

                提出書類

                ・申請書(私と同じもの)
                ・顔写真(2年くらいの前のだったけど何も言われなかった)
                ・パスポートと保険カードのコピー
                ・在籍証明書

                あと、なぜか今回は去年度の成績表を持ってくる様に言われた。
                (※今まで提出した事はない)
                いつもと同じ部屋じゃなくて、担当者もちょっと小煩い感じのおばちゃんだったから、初めて申請する人や他の人にはもっと厳しいオーラ満載なんじゃないかと・・・・

                まぁ一応申請はその場で終了し、カードもすぐ発行してくれる事に。
                成績表と保険証明書は、一応確認するだけで受け取りの時に見せるだけでいいらしい。

                ちなみに申請が1ヶ月以上も過ぎていた事については、受け付けでも担当者にも全く何も言われなかった!!

                そんなものなのか・・・・・?

                と言う訳で娘の発行証明書も手に入り、翌日は育児手当の更新申請のため税務局に行き、とりあえず書類提出。
                でも滞在カードができてないから、またいきなり打ち切られて、カードが抜けてるからとか言われる気もするが(前回がまさにこのパターンだった)

                他にもまだ待機中の書類が山の様にあって、役所巡りが永遠に終わらない。


                役所巡りの間にピアノも弾いてました(普通は逆?汗)
                て言うかその役所のおエラいさん方々のためにも弾いてきました。
                いつもの、お役人さんの集まるリングタワーでの新年パーティーです。
                今回気付いた事は、夏の改革で副総理に就任した経済大臣ミッテルレーナー氏、分刻みで時計を確認・・・忙しいんですね

                このソロのお仕事、コンサートではなくてBGMで切れ間なく数時間弾き続けるので、場の雰囲気(ゲストの声の大きさとか)結構選曲には悩みつつも、ピアノはその場にあるし、ただ楽譜を山の様に持って行き、定刻に開始、定刻に終了。
                挨拶以外は特に人と関わる事も待つ事もなく、ものすごくやりやすいです。
                プログラムは、昔懐かしのスタンダードミュージカルナンバーとかボサノバとか、ちょっと軽いスウィング、たまにウィーンワルツも入れてみたり(笑)という感じ。

                他にもまだまだこういう場があればいいのになぁ。。。と願いつつ練習。



                JUGEMテーマ:日記・一般


                MA35 滞在許可更新10年ぶり!

                0
                  年末に結構な勢いでブログ更新してから、結局また気付けばもう新年どころか1月末・・・

                  あけましておめでとうございます!

                  新年早々、雑務が溜まる一方です
                  まず一番忘れてはならない雑務(?)を終えました!
                  そう、タイトル通りの滞在許可更新です!
                  外国に暮らす誰もが通る嫌〜な道(苦笑)

                  去年は息子の更新で、久々の役所でしたが、今回は自分。
                  私が居られなくなったら大変です。

                  去年の更新の様子の記事はコチラ↓

                  オーストリアの外国人は増え続け、今まで以上に厳しくなる一方なので、永住権を持っていてもなかなか安心できません。
                  今回は10年ぶりでした。
                  この前回の記事にも書いた通り、10年更新の永久滞在許可証はなくなってしまい、今はDaueraufenthalt-EU というもので継続されています。(カードは5年更新)

                  今回も何の書類がいるのか良く分からなかったので、ありったけの書類とそれぞれコピーを持って行きました。
                  いつも激しく込んでいる役所で普通に並ぶと長時間待ちは当たり前の様ですが、前回、『昼前に駆け込むと意外と空いている』と事務の人が教えてくれたので、今回も昼前に行きました。
                  しかも昼前は早く終わらせたいのか、どんどん急ぐ役所の人(笑)
                  私の後にもまだ駆け込んでくる人はいましたが、『ハイ今日はここまでー!!と、係の人が11時半で閉めてました。(午前中は12時まで)

                  →まず下の受け付けで、何を申請したいのか伝えて用意した書類一式を見てもらう。
                  ここで書類が足りなかったりすると容赦なく返される様です。

                  →書類も何も問題なく、問題なく整理番号をもらう。

                  →待合室に移動。

                  →自分の番号が電光版に掲示されるまで約10分。
                  (ここも朝からだと長い待ち時間だったりするみたいです)

                  →指定された部屋に行き、また書類を提出。
                  この担当者がいじわるな人だと最悪。(と言うウワサ)

                  ここで最終的に必要だった書類は・・・
                  ・申請書(私はネットでダウンロードして、よく分からない所等ほとんど記入してなかったけど全然チェックされませんでした。)
                  ・顔写真
                  ・保険の証明書
                  ・パスポートと保険カードのコピー
                  ・離婚証明書(コピー)

                  以上です。
                  他にも家の契約書とか住民票とかいろいろ用意していたのですが、必要ありませんでした。

                  ちなみに、今回の策略は・・・
                  『無駄な事は一切喋らない!!!』(笑)

                  一度でも役所経験のある人なら分かると思いますが、滞在許可更新時においては結構『どれだけドイツ語が喋れるか』と言うのがネックになる場合が多いです。
                  だから、ついいろんな事を一生懸命話してしまおうとする人が多いです。
                  私は、現在の申請は必要書類に関してが重要部分です。
                  いらぬ事を聞いたりすると、担当者も『ん?』となり、墓穴を掘りかねないと思い(苦笑)大人しく、喋らない事に

                  おかげで(?!)おばちゃん仕事の速い事(笑)
                  担当のおばちゃん(たぶんトルコ人)
                   ゴメン!名前間違えちゃった』・・というのはありましたが。
                  必要書類をさくっと見てコンピューターにデータを打ち込んで私の指紋を取って10分もかからず終了!
                  てか逆に『これでいいのよね?オッケー??って繰り返し聞かれてしまいました(笑)
                  振り込み用紙もカード受け取りの引き換え用紙(証明書)もその場でもらいました。

                  あぁ良かったーこれでとりあえずは一安心 

                  ブログにはいろいろ『滞在許可』などで検索してくる方も多いので、一応記事にしましたが、必要書類など、かなり個人差があると思うので、申請時にはそれぞれの役所で確認する事をおすすめします。

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  ウィーンMA35 滞在許可証更新のハナシ

                  0
                    先月の話だが、次男の滞在許可証が切れるので、更新した。
                    私が持っているのは10年間の永久カード(このカード、今ではもう発行されていないので次にもらえるのは自動的に最長の5年間)、子供は4人共5年の永久カード。
                    永久滞在許可なのに5年毎に更新とか、意味不明なシステムである。
                    今回は離婚後初の更新だったので、何が必要なのか、いろいろ調べてもよく分からないのでとりあえずありったけの書類をまとめて、全てコピーも持参。
                    役所の場所もシステムも変わっていて、しかも最初に行った時は入り口からすごい人!
                    2・3時間待ってやっと順番。
                    と思いきや…

                    担当のおねーさん、

                    えーっと子供の更新ね。で、息子さんはどこよ?

                    へ?

                    今まで申請時に本人がいないとダメだなんて聞いてないよ?!

                    と言ったら、
                    「は?大人も子供も関係なく毎年更新に指紋採取が義務付けられてるのよ?」

                    知らんがな!

                    お互いの意見が食い違いすぎて会話にハテナマークが飛びかう。

                    そしたらおねーさん、やっと理解したようで、

                    「あぁ!これDaueraufenthalt EGと言う事は、前回の時にはまだ指紋採取なかったんだわ。2年ほど前から新しく導入された法律なのよねー、云々」

                    とにかく本人がいないと申請できないらしい。
                    書類が足りないとかの覚悟はしていたが、これはまさかの出直しだ。

                    ちなみにいったいいつなら待ち時間が少なくてすむのか聞いて見た。
                    おねーさん曰く、
                    「今日はいつも以上にかなりの激混み!びっくりでしょー。おすすめの時間帯は12時ちょっと前だから次はそれくらいに来ると待ち時間が少ないわよ。それから木曜日はいつも混むのよね。」

                    そう、その日はまさしく木曜日(笑)

                    あとは、学校の在籍証明書保険の証明書
                    その他は申請書(と言ってもよく分からない箇所など、ほとんど記入していなかったのだが何もチェックされなかった)と写真パスポートを提出しただけで終了。

                    後日、本人と共に、今度は言われた通り昼前に受け付け。
                    おぉっ!ほんとに人がいない(笑)
                    数人私達の前にいたが、あっと言う間に順番!

                    で、いざ指紋採取
                    両手全指、どこまでも外国人に厳しくなる一方のオーストリア。

                    他にも何か書類の事とか聞かれるのかと思ったらそれだけであっさり終了。
                    「Das wars!じゃあ3週間くらいでカード発行されるから取りに来てね。」

                    その後手紙がきて、きっちり3週間後に出来上がりの日程お知らせ。
                    しかも、振込用紙(184ユーロ!これまた値上がりしてる?!!)が同封されている!

                    今までは受け取り時に支払いだった。
                    そして、今までは受け取り時には子供(本人)も連れて行かないとダメだったけど、今は代理人でよいと書かれている。

                    と言う訳でやっとカードが出来上がり、取りに行って来た!
                    受け取り時は全く待つ事もなく、受け付けもスルー。ほんとにその場ですぐもらえた。

                    はぁ、しかし5年間毎の更新と支払いはキツイな。
                    でも1年や2年のビザしか出ない人も多くいる事を考えると文句は言えないか…
                    それでも日本国籍は捨てませんけどねっ!

                    ちなみに息子の新しい滞在許可証はDaueraufenthalt-EU (今まではEGだった)
                    になっていて、これも新しいらしく、今までと同様、労働制限なし、EU圏で通用するらしい。

                    しかし子供も労働制限なしとか、なんか変な感じ?


                    注)
                    私もいろいろ書類等を見て気付いた事ですが、一般に言われている【ビザ】と【滞在許可証】は別物です。
                    公式サイトですら全て同じ様にビザと表記されている事が非常に多く、説明するのが面倒な時は私も手っ取り早くビザと言ったりしますが、【ビザ=査証】(日本〜オーストリア間の場合は6ヶ月間免除)ビザで入国が認められている期間が過ぎると【Aufenthaltsgenehmigung=滞在許可証】が必要になるので、留学生等に多い【学生ビザ】と言うのも日本〜オーストア間では実際は存在しないはずだと思います。

                    日本以外の国でビザ免除等がなく、入国するのに必ずビザが必要な外国人もいるので、そういう人達のために役所などではたまに【Visum】と表記されています。

                    紛らわしいので皆さん申請時などは気を付けて下さいね〜



                    1

                    calendar

                    S M T W T F S
                     123456
                    78910111213
                    14151617181920
                    21222324252627
                    28293031   
                    << July 2019 >>

                    profile

                    オリジナル楽譜

                    Sayuri Kato Official Site

                    ShiKisai Official Site

                    Shinichi Kato

                    にほんブログ村

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • 年齢を隠す日本人女性の謎
                      Sayuri
                    • 年齢を隠す日本人女性の謎
                      HAT
                    • 年齢を隠す日本人女性の謎
                      12
                    • 年齢を隠す日本人女性の謎
                      SAYURI
                    • 年齢を隠す日本人女性の謎
                      あるぱか
                    • ライブ音源【Greyzone】
                      Noriko Fujii
                    • SAYURIの才能と適職
                      SAYURI
                    • SAYURIの才能と適職
                      mi-co humancube*
                    • たまねぎ
                      kitty
                    • たまねぎ
                      SAYURI

                    recent trackback

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    デジタル・レコーディングの全知識 (PLAYER’S HANDBOOKS)
                    デジタル・レコーディングの全知識 (PLAYER’S HANDBOOKS) (JUGEMレビュー »)
                    サウンド&レコーディングマガジン,クラウディアス ブルース

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    バタフライ
                    バタフライ (JUGEMレビュー »)
                    笠井紀美子 with ハービー・ハンコック,笠井紀美子

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    recommend

                    links

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode