生い立ちの記最終章:将来への展望

0
    実家で発掘された小学校卒業論文を中略しながら掲載中。


    なんとっ!!!!!!!

    Sayuri Katoの12年間分(笑)ついに最終章!!

    ここまで読んでくださっているレアな読者様(笑)ありがとうございます。

    ではでは笑と涙のクライマックス、ハンカチ用意ですぞ。

    〜最終章〜
    第九章:将来への展望

    私は将来出来れば、ピアニストになりたいけれど、まだはっきりとは、決まっていません。
    でもやっぱり音楽関係の仕事がしたいです。
    そして、すてきな人と結こんして、とっても大きな家をたてて、家族で住みたいです。

    (中略)

    そして、子供ができても、ちゃんと、「お母さん」と、呼ばれるような親になって、正しい教育をしたい。
    それでいて、仕事をまじめにして、働けるように出来ればいいのですが。

    でも、その前にすまさなければならないことがあります。
    それまでに、熱心に勉強をして、良い方向へと進んで行かなければなりません。
    途中で、折れ曲がっては、決して、夢を実現させるなど、できることではありません。

    これからの道のりはまだまだ長いわけです。
    その長い道のりをどう工夫して、過ごして行くか、それは、自分が決めることであります。
    これからも、何があるか分かりません。その困難を切り抜けて、無事に夢を実現させなければー。

    もし、夢がかなって、一流のピアニストになって、すてきなドレスをきて、世界中だれもが知っているような人になれたらどんなによいことでしょう。
    でももしそこで失敗してしまったら又次がある。
    その厳しさがあってからこそ、もっと一流のピアニストになれる。
    そんなことをくり返しながら、人生を生きていく。

    神様があたえてくれたこの人生を上手に使いこなしたいと思う。



    第九章終わり


    ここまで読んでくださったみなさま。どうもありがとうございました。

    私の誕生〜12年間分の『生い立ちの記』

    これで終わりです。

    今の自分にこんな文章がかけるだろうか?
    どんだけ自分を見つめていたんや!という感じですが(苦笑)

    それからまた12年間分。
    そしてまたさらに12年間。
    いろいろな事があり、たぶんこれからもあり続けるかと思いますが・・・

    12才の私の言葉は今もずっと自分の言葉であり、これから先も何があってもくじけませんよ。

    ガンバレワタシ!



     JUGEMテーマ:日記・一般

    第八章:自分を見つめて

    0
      小学校卒業論文。


      第八章:自分をみつめて

      まず、自分のことをよく考えてみると、私は、すごくわがままなところがあります。
      それから、言われないと物事をしない。ということは、とても悪いことだと思います。

      反対に良いところと言うと、友達のことについてくらいでしょう。
      私は、だれとでもすぐ友達に、という分にはいきませんが、たいていのクラスメイトとは、いつでも気やすく話ができます。

      そして、友達とけんかもあまりしません。たとえけんかになっとしても、一日もたてば、もう、もとどおりの仲良しです。

      私は、普通の日はテレビはほとんど見ないので、みんなの話の中に、入りこめないのがちょっとくやしいですが別に、テレビを見ていないからといって、仲間外になるわけでもないのだから、あまり気にしていません。
      そのみんながテレビを見ている時間に人一倍(?)ピアノの練習をしているのですから。

      今までずっと、ピアノピアノと言われてきたからにはやはり、練習が必要です。
      そうです。私がピアノを続けているのは、自分のためであり、そして、将来へとつながるのではないでしょうか。

      時には、練習するのはめんどくさいし、好きなことが好きなときにできないし、たまらなくいやになったこともありました。
      けれどもやっぱり、今まで続けられてきたのはピアノだけでした。
      これは私の特技です。

      趣味は、おかし作り。
      私は、おかしや、料理を作るのが大好きです。
      でも、いつもそんなひまがある訳でもないし、自由には作ることができません。
      だけど、土曜日とか、ひまな時には、エプロンをして、よく作っています。
      出来上がると、家の人みんなに食べてもらっています。
      やっぱり自分で作ったも物はおいしいですね。

      第八章終わり


      第七章:私の家族

      0
         なんとっ!! 

        誕生〜小学校時代まで足早に終了しました!

        残すところは・・・
        自分でもかなりツボな今章『私の家族』と次章『自分を見つめて』

        いよいよクライマックス。


        第七章:私の家族

        私の家族は5人です。お父さん、お母さん、弟2人と私です。
        お父さんは今○才で、○○で生まれたそうです。
        お父さんは、ギターの先生で、すごく上手です。
        お父さんは楽器屋を経営しています。そして、いつも音楽関係の仕事をしています。

        お父さんは、食べ物に関しては、言うことなしです。きらいな食べ物はいっさいなし。
        お父さんの作る料理もおいしいです。私は特に、焼きめしが大好きです。
        お父さんは、本気でおこるとすごくこわいけど、めったにおこることはありません。

        お母さんは今、○才です。生まれは○○です。
        お母さんの良いところは、たくさんあります。
        お母さんはピアノの先生なのでピアノに関しては、いろいろと言われますが、勉強については、別にうるさくありません。

        (中略)

        弟の一人目は、○○と言う名前で、3人兄弟の真ん中の子です。だから、やたらけんかになることが多いけれど、やはり、兄弟として、やさしい所が多いです。
        ○○は、小学一年生で、年が5つも私とはなれています。

        一番下が、○○という名前で、5才です。
        ちょうどわんぱくざかりな頃のようです。○○はちょっと太り気味で、ぽっちゃりとしていてとてもかわいいです。いつも、2つ上のお兄ちゃん(○○)と遊んでいます。

        第七章終わり


        第六章:高学年時代

        0
           『生い立ちの記』

          第六章:高学年時代

          5年生。やっと高学年の仲間入り。やっぱり、高学年になると、委員会など、学校の代表として、やる仕事が多くなってきます。
          5年生は○○先生。4年生の時と同じでしたが、かえってその方が安心できるのでは?とも思いながら、○組の教室へ入って行きました。

          (中略)

          それから、委員会は、さいばい委員会でした。始めは、この委員会はすごく、楽そうで、花の手入れなど、女らしい仕事をするんじゃないかな、と思っていました。

          ところが、始まってからというものすごく力のいる仕事でした。植木ばちを運んだり、花を植え替えたり、大変でした。特に、みんなのきらいな、ミミズやだんご虫などが、たくさんいるので、気持ち悪かったです。

          でも、そのおかげで、学校中に花をさかせ、ときには、ろう下にに、きくの花をおいたり、中庭には、たくさんの花がありました。

          クラブはバスケットボールでした。体をきたえなければ・・・と、友達と入りました。
          5年生はたったの5人でした。
          バスケットクラブは、雨の日以外必ず活動することになっているので夏は、暑く、冬は寒く、すごくきびしかったです。

          (中略)

          5年生では、海の学校がありました。海の学校は、すごくきびしかったけれども、こうして学校のみんなと、集団生活をするのは初めてだったので、とても楽しかった(?)です。
          私にとっては、ちょっと起きる時間が早かったかな。でも、やっぱり印象には残っています。

          卒業式。私たちは、在校生として、卒業式に出たのだけど、卒業式の練習はとてもつらかったです。動いてならないし、ずっと同じ姿勢で、その場にいなければいけません。
          ただずっと、一人一人が言葉を言うのをきいておくのはとてもつまらなかったです。

          でも、6年生にとっては、とっても大切な時。卒業式という一日は、新しい生活への第一歩をふみしめる時です。だからその素晴らしい6年生を、しっかりと5年生が、後をつがなければなりません。みんな、よくがんばったと思います。

          6年生。ついに、学校を支えていかなければならない、この6年生という、大切な約がまわって来ました。

          (中略)

          担任の先生は○○先生です。又、新しい仲間といっしょに過ごすのですが、この仲間とは、特に思い出深い人たちでしょう。小学校生活最後のクラスメート。そして、卒業アルバム。
          やっぱり、6年生はいろいろなことがありました。一番に、修学旅行。学校で、こんなにたのしい時間がすごせるのは、たったこの日だけ。でも、この2日間が、一番思いで深いです。

          そして、二番目に、山の学校。海の学校より、こっち方が、ずっと楽しかったです。
          フィールドワークやトリム、どれもみな、わくわくするものばかりでした。

          私は、5年生の時のクラスが、すごくよかったので、6年○組のみんなと、仲良くできるのかなぁ、とちょっぴり心配でした。
          でも、先生はすごくやさしくていい先生だし、みんなもやさしくしてくれて、ほんとに良いクラスでした。
          3月で卒業するのが、少しさみしいです。

          第六章:高学年時代終わり

          第五章:中学年時代

          0
             『生い立ちの記』

            第五章:中学年時代

            小学校三年生。ちょうど学校にもなれてきて、小学校生活の半分を過ごしました。
            三年生は○○先生でした。この先生とは、とてもよく気が合い、三年生を過ぎても、手紙のやりとりしていました。

            私が変わったのも、全部三年生の時でした。水泳で、初めて25mが泳げ、初めての学級代表になり、成績もとてもよく、一・二・三学期ともオール良いでした。三年で、何もかもができ、自分に自信がついてきました。

            とにかく、三年生では、よくがんばりました。でも、そんな私をつくりあげてくれたのは、自分の努力でもあり、先生の応えんがあったからでしょう。その○○先生に感謝しなければなりません。

            ところが、○○先生は、私と知り会えてから一年のうちに、学校を変わってしまったのです。そのときはとても残念でした。

            四年生。四年生と言うと、クラブも始まって、ちょっと、背伸びしたような感じです。

            私は手芸なと、こまごました物が好きだったので、やはり手芸クラブに入りました。
            初めてのクラブということだけあって、はりきって、さいほう道具を買いそろえたり大変でした。初めて作ったのは、クッションでした。

            私の四年生の先生は○○先生でした。

            (中略)

            この先生は、男の先生だけど、とてもおもしろくて、授業中には、よくギャグを言ったりして、みんな、親しみやすい先生でした。
            休み時間には、先生の机の回りにはみんながいっぱい集まって、楽しくおしゃべりをしていました。

            でもさすがに男の先生というだけあって、おこる時は、はく力がありました。
            私は、はじめ、男の先生なんて初めてだったので、ちょっと心配気味でした。
            でも○○先生の思い出もたくさんあります。

            第五章終わり

            第四章:低学年時代(前半)

            0
              小学校卒業論文『生い立ちの記』 久々の更新です。

              なぜ久々の更新になってしまったかと言うと・・・

              【低学年時代】の筆圧が異常に薄い!!!!!

              書くのに疲れてきたんでしょーかね?

              しかも私の手元にあるのはコピー。
              オリジナルは実家。

              なので・・・なかなか読めない!!!!!!

              と言う訳で頑張って解読しながら書きます。

              *文章はオリジナルのまま、中略しながら書いてます。
              (誤字脱字もそのまま掲載してます。あしからず・・・)

              第四章:低学年時代 (前半)

              ○○年の春、やっとこの○○小学校に入学。私は○○幼稚園だったので、○○小学校に入る人は2人でした。だから、友達が、できるかなあ、ということが一番不安でした。
              それに、私はとってもおとなしかったんです。特に、初めての友達とか、知らない人の前では、きんちょうするのか、声も出せません。

              そんな私だけど、入学してから、なんとか友達はできました。

              (中略)

              私には、一年の頃のどうしても忘れられない出来事がありました。夏、やっと小学校にすこしは慣れて来た頃ー。
              やはり夏と言えばプールです。私は、そのプールが大きらいだったのです。水は私にとって、おそろしい敵でした。
              プールの日は、どうしても学校に行きたくなく、泣きわめいて、お母さんに引きずられ車にのり、学校では私が車から手を放さず必死でしがみついているところを、お母さんと○○先生で、これまた必死に引きずり出していたのです。
              それほどプールがいやだったのですが、今では50mも泳げるようになりました。
              今思うとそれはとてもはずかしいことですね。○○先生にも、お母さんにも大変なめいわくをかけたことでしょう。

              (第四章後半へつづく)



              第三章:幼稚園時代

              0
                 書きながら、読みながらいろいろと自分でつっこみどころ満載なんですが・・・
                とりあえず続けます。

                第三章:幼稚園時代

                年少の時は*****に行きました。
                そこでは絵の教室やバレエなどがさかんでした。毎日1時から4時ごろまで園にいました。
                同じ年のいとこの***ちゃんといっしょにいってました。

                (中略)

                バレエの時はレオタードとトゥーシューズを身につけるのがとても楽しくて、うきうきでした。
                曲にあわせて、おどりまわるのがうれしくて、家に帰ってもその気になって、お母さんの前でおへそを出して、おどってました。
                私は体がやわらかかったらしく、足をのばしたり曲げたり、ブリッジをするのがとくいでよくやっていたそうです。

                (中略)

                ピアノもそのころから、始めました。毎日泣いたり、笑ったりしたがら練習していたそうです。練習の時はおばあちゃんが横にいて回数をかいて、記録するのでした。ところが私は、くりかえしをはぶいたり、とちゅうをぬいたりして、おばあちゃんをごまかしていたのです。今では笑い話です。

                いよいよ年長です!**幼稚園に行く事になりました。もちろんいとこの***ちゃんもいっしょです。私たちは、まるでふたごのようにどこへ行くのもいっしょです。

                (中略)

                鉄棒がにがてで、帰りがけに、練習していたのを思い出します。発表会では、ピアニカをふいて、かわいかったそうです。
                冬は歩いていくのが、寒くてお母さんがつらかったそうです。

                (中略)

                休みの日には、お父さんが、よくかわらへつれていってくれました。焼き肉をしたり、石なげをしたりしてあそびました。このころまでは、子供は私一人なので、よくいろんなところへ、つれていってくれました。後楽園がとくに好きでした。はくちょうをながめているだけでも楽しかったです。

                第三章終わり




                第二章:赤ちゃん時代

                0
                   さてさて、生い立ちの記”誕生”いかがでしたでしょうか。
                  ちなみに54ページまであるのでかな〜り中略しながら書いていく事にします。
                  文章はオリジナルそのまま、たまに誤字・脱字も・・・苦笑

                  これからどんどんSayuri Katoが成長していきます(笑)

                  第二章:赤ちゃん時代

                  3ヶ月で寝返りをうつようになり、すぐうつぶせになるばかりでした。
                  生まれたときは普通の体重で生まれたけれど、乳をはくばかりしたので、体重がふえませんでした。
                  だから、寝返りをうつのが、身軽なのでみんなより早かったそうです。はげしい時は部屋のすみからすみまで、ゴロゴロところがり、みんなびっくりしていたそうです。

                  (中略)

                  顔はブスで、頭はつるつるで毛がありませんでした。だれが見ても男の子。真っ赤な服を着て、スカートをはいていても、
                  「マァ、女の子のようなかっこうをして・・・。」
                  と、よく言われたそうです。

                  (中略)

                  2才ぐらいから、絵や字に興味をもち出しました。何度も同じ絵を、
                  「かいて。」
                  とせがみました。とくに、鳥の絵が好きでハッピッピ。とよんでいたそうです。おじいちゃんやおばあちゃんは、毎日、50回ぐらいかいたそうです。

                  (中略)

                  七五三の時は、むらさき色の、着物をきて美容院でかみをゆってもらいました。
                  (中略)
                  口紅をつけてもらうと、口をとがらせて、シューシューと、紅がつかないようなしぐさをしていたそうです。写真屋さんで、さつえいしてもらったのですが、きんちょうして、なかなか、えがおが出なかったそうです。
                  お参りは岡山神社でしました。

                  第二章終わり








                  第一章:誕生

                  0
                     昭和52年*月*日 岡山市内の**産婦人科にて生まれる。
                    おさるさんのような真っ赤な顔をして元気に生まれました。
                    この時、今生きている私の生命が授けられたのです。

                    (中略)

                    お父さんは、お母さんと私を愛しているので、病院には、一日何回もきたようです。
                    2人の顔を見ては、にこにこして満足していました。
                    この子は大きくなったら、どんな顔になるかな、足は長くなるかな、短くなるかな、と思っていたそうです。
                    それが今の私につながります。

                    第一章終わり






                    生い立ちの記 

                    0
                      少し前ですが、両親が実家で私の小学校卒業論文を発見しました。
                      電話でそれを聞いて少し読んでもらったところ、もう大爆笑!!!!
                      あまりにもウケてしまったんので荷物と一緒に早速送ってもらいました。

                      今の自分ではとても書けないであろう文章がずらずらと。
                      と言うよりむしろ12歳、こんな文章が書けるものなのか

                      もともと作文や読書感想文は得意だったがこれは読み返すとすごい!
                      (自分で言うのもアレですが)

                      そんな訳で是非ここでかいつまんで公開したいと思います。

                      生い立ちの記

                      目次

                      第一章:誕生
                      第二章:赤ちゃん時代
                      第三章:幼稚園時代
                      第四章:低学年時代
                      第五章:中学年時代
                      第六章:高学年時代
                      第七章:私の家族
                      第八章:自分を見つめて
                      第九章:将来への展望


                      〜つづく〜


                      JUGEMテーマ:日記・一般
                       

                      1

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      profile

                      オリジナル楽譜

                      Sayuri Kato Official Site

                      ShiKisai Official Site

                      Shinichi Kato

                      にほんブログ村

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 年齢を隠す日本人女性の謎
                        Sayuri
                      • 年齢を隠す日本人女性の謎
                        HAT
                      • 年齢を隠す日本人女性の謎
                        12
                      • 年齢を隠す日本人女性の謎
                        SAYURI
                      • 年齢を隠す日本人女性の謎
                        あるぱか
                      • ライブ音源【Greyzone】
                        Noriko Fujii
                      • SAYURIの才能と適職
                        SAYURI
                      • SAYURIの才能と適職
                        mi-co humancube*
                      • たまねぎ
                        kitty
                      • たまねぎ
                        SAYURI

                      recent trackback

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      デジタル・レコーディングの全知識 (PLAYER’S HANDBOOKS)
                      デジタル・レコーディングの全知識 (PLAYER’S HANDBOOKS) (JUGEMレビュー »)
                      サウンド&レコーディングマガジン,クラウディアス ブルース

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      バタフライ
                      バタフライ (JUGEMレビュー »)
                      笠井紀美子 with ハービー・ハンコック,笠井紀美子

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode